マリアライトは昨年よりも内容が悪いオールカマーだったこともあり、不利があってもなくても勝利まではいかなかった。

ミッキークイーンはさすがにぶっつけでは最後の脚に響きました。1つでも叩いていたら・・・とは思いますが。

となると3番人気のクイーンズリングというのはある意味順当な結果だったのか。

1400mの重賞勝ち馬が2200mのG1も勝利。

これはまた面白い馬が出てきました。

ミッキークイーンよりもマイルへの対応はしやすいでしょうから、来年のヴィクトリアマイルも期待できそうです。

 

そしてシングウィズジョイ。

フローラS勝ち馬ということもあり、2200mでこのくらい走るのはまあわかるけど、、、G1じゃ足りない馬かなと思っていただけに、デムーロ・ルメールのワンツーで万馬券ってのもまあうなづける。

次どこを使うのかはわかりませんが、次はコケそうな予感。

期待していたパールコードは4着。

もうちょいやれるメンバー構成、ローテだったと思ったので物足りなかったですが、川田騎手いわく、現状の力は出し切っていると。

こんなもんなのか?

www.youtube.com