本格的なストーリー漫画が描ける作者が、
エッセイ系の作品を描くとどうなるのか。

これは以前から気になっていたテーマだったのだが、
なかなかストーリー系の名手がエッセーに
転籍するパターンが少ないために、結論がつかなかった。

ギャグ系やマイナー系萌え系等
色々な人が自伝エッセーを描いているものの、
特にシリアス系の作者のエッセー漫画は少ないのである。

しかし、今回「山崎紗也夏」という、
王道から異端まで描けるストーリー漫画の名手が、
20歳年上の旦那さんをテーマにした
エッセー漫画を書いているという事で即購入。

結論から言うと全く面白くなかった。

断わっておくが、私自身は「マイナス」時代頃からの
作者のファンなわけだが、そんな贔屓目に見ても、
あまり面白くなかった。

というか、この作者が描くストーリー漫画は、
もっともっと面白いというのが正しい感想だろうか。

しかし、同時に安心もした。

やはり、ギャグやエッセー系の作者が持つ、
他者への観察眼という才能と、
シリアス系ストーリーの作者が持つ、
物語を自身の中から掬い上げる能力というのは、
根本的に別なのだろう。

ちなみに作者の旦那様は、
食の軍師度でお馴染みの方だそうで、
絵柄を見れば確かにその通りであった。

ファンの方なら是非。

f:id:mangadake:20161026071121p:plain



 

ダーリンは55歳 (IKKI COMIX)

ダーリンは55歳 (IKKI COMIX)

  • 作者: 山崎紗也夏
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2015/07/17
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る